会社案内

沿革

1951年(昭和26年4月) 東京都港区に港通信機製作所を設立し、各種電子計測器、電源装置を設計製作
1956年(昭和31年12月) 株式会社に改組し、港通信機株式会社を設立
1962年(昭和37年4月) 群馬県高崎市に高崎工場を新設
1966年(昭和41年2月) 当社ICテスタ1号機「集積回路ファンクションテスタ」を開発
1966年(昭和41年9月) 横浜市に横浜工場を新設
1968年(昭和43年12月) 「メモリ動作特性測定器」を開発
1972年(昭和47年8月) 社名をミナトエレクトロニクス株式会社へ変更
1973年(昭和48年5月) 国産初の「PROMプログラマ」を開発
1980年(昭和55年7月) 「メモリテストシステム」を開発
1981年(昭和56年8月) 本社を横浜市に移転
1984年(昭和59年1月) 異機種パソコンを接続するLAN製品「バーチャルサーバ」を開発
1984年(昭和59年5月) 光学式タッチセンサ製品「タッチデータ」を開発
1986年(昭和61年2月) 「CCDテストシステム」を開発。レーザドップラ方式の「非接触速度回転ムラ測定システム」を開発
1988年(昭和63年11月) 東京店頭市場(現東京証券取引所 ジャスダック市場)へ株式公開
1991年(平成3年11月) 「LCD表示画面検査システム」を開発
1994年(平成6年10月) 「フラッシュメモリテストシステム」を開発
1997年(平成9年11月) 「テストバーンイン装置」を開発
1999年(平成11年11月) 「16個書きギャングプログラマ」を開発
2001年(平成13年3月) 「高精細FPD画質検査装置」を開発
2002年(平成14年3月) 「ギャングプログラマ用高速オートハンドラ」を開発
2002年(平成14年3月) 「プラズマタッチ」を開発
2002年(平成14年8月) 「8個書きギャングプログラマ」を開発
2004年(平成16年3月) ISO14001認証取得
2005年(平成17年10月) 「MPGエンジン搭載16個書きギャングプログラマ」を開発
2010年(平成22年7月) コンカレント方式「ギャングプログラマシリーズ」を開発
2011年(平成23年5月) 高崎工場を本社に統合
2013年(平成25年5月) 名古屋市に名古屋オフィスを開設
2013年(平成25年9月) 中国上海市に上海連絡事務所を開設
2014年(平成26年1月) タイバンコク市にバンコク連絡事務所を開設
2014年(平成26年4月) 株式会社イーアイティーを完全子会社化
2014年(平成26年9月) 中国東莞市に東莞連絡事務所を開設
2015年(平成27年7月) 社名をミナトホールディングス株式会社へ変更
2016年(平成28年1月) 新ROM書込みセンターを開設
2016年(平成28年3月) 中国現地法人が営業開始
2016年(平成28年4月) サンマックス・テクノロジーズ株式会社を子会社化
2016年(平成28年5月) スマートレスポンス株式会社を設立
2016年(平成28年12月) ミナト・フィナンシャル・パートナーズ株式会社を設立
2017年(平成29年3月) 日本ジョイントソリューションズ株式会社を子会社化
2017年(平成29年6月) 本社を東京都中央区に移転